取り逃しを無くすことで商機の逸失を防ぐことができる

電話代行サービスを利用する大きなメリットの一つは、取り逃しを無くせることです。社員全員が外で仕事をすることが多い会社や、社員の数が少ない事務所では、電話の取り逃しが起こることがあります。もし、出られなかった電話の内容が重要なものや契約に関わるものだった場合、取り逃しが原因で同業他社に仕事をとられてしまい、商機を逃してしまう可能性があります。電話代行サービスを利用していれば、研修を受けた電話対応のプロが電話をとって要件をたずねてくれるので、取り逃しが発生することがなくなります。また、社員以上に丁寧なオペレーターの応対は、相手に安心感を与えます。電話代行サービスの導入は、商機を逃すのを防ぐことにもつながります。

契約する内容によっては社員対応の必要性も判断させることが可能

電話は、仕事が忙しいときでも関係なくかかってきます。電話がかかってくる頻度が高くなると、集中が途切れてしまって業務がうまくすすめられなくなることもあるでしょう。それを防ぐために、取り逃しても良い電話はできるだけ取らないようにしたいところです。しかし、代わりに応対してくれる社員がいない場合はそのようにはいきません。取り逃してしまった電話は、内容の重要性を判断することができないため、結局自分自身で電話の応対をすることになります。電話代行サービスはこのようなケースでも便利で、プランによっては社員による対応が必要か否かを電話代行会社側で判断し、必要なものだけを取り次いでもらうようにすることができます。取り逃しても問題ない電話はこないので、社員は集中して業務に取り組めます。